由緒・境内のご紹介

普門殿

播州赤穂・天台宗/明王山普門寺

当寺、普門寺は、聖徳太子によって開かれ、慈覚大師により創建されました。
もともとは、天台宗長安寺と共に、赤穂城下の東北に位置する雄鷹台山に建立されていました。
しかし幾多の兵災を被り、諸堂はことごとく焼失。
幸い、本尊の十一面千手千眼観世音菩薩像は赤穂町東組(現・橋本町)に、長安寺の本尊薬師如来像は西組(現・新町)に兵火をまぬがれ安置され、伽藍も慶長二年(1597)に再建されました。
のちに山号も宗派も同じであった縁から、両寺院は合体し、普門寺となり現在の地に至っています。

本尊

十一面千手千眼観世音菩薩像(国指定・重要文化財)

ご詠歌

あなとうと み山におさまる 観世音 世情の民を 救ううれしさ

ごあいさつ

信仰への道『愛と平和と幸せ』を祈りつづけて・・・
当寺は赤穂尾崎の観音さんとして知られ、親しまれています。
早朝の勤行により夜が明け、読経、護摩奉修、座禅、写経、気功体操等で賑わっています。心のお悩み相談も承っております。

札所

  • 瀬戸内観音霊場第八番札所
  • 播州薬師霊場第二十番札所
  • 尼寺三十六所めぐり第三十五番札所
普門寺の境内案内図

普門殿

まんだらの普く(あまねく)開く門と言う意味で、命名と書は本尊を修復されたご縁により大仏師・西村公朝師によるものです。

明王堂(護摩堂/瀬戸内三十三観音お砂踏み)

回廊には瀬戸内童観音が並んでいます。健康ふれあい歩道併設。

慈愛像・水子地蔵

慈愛の光を放ち、永遠に生命を育む母性の象徴として、愛と平和と自由を願う女神。

瑜伽大権現

福徳をさずける神として信仰を集めている霊験あらたかな当地の守護神。 文政12年2月当地の山本家が当寺に勧請し奉った。

念ずれば花ひらく/碑

坂村真民師 著

ふれあい地蔵

門前にあり、にこやかな笑顔で参拝者をお迎えしています。
  • 由緒・境内のご紹介
  • 不動明王
  • 慈愛像・水子地蔵
  • 平和の灯・心の灯
  • 薬師如来
  • 十一面千手千眼観世音菩薩
  •